Home > News > Wearing the Instrument

 

Wearing the Instrument

ー楽器を纏うー

「楽器を纏う」は、テキスタイルが持つ物質の魅力とデジタル技術を融合して「楽器」をテーマにテキスタイルを再考するプロジェクトです。衣服に楽器の機能をもたせることで人間と楽器との距離を「限りなく0」にしました。人と楽器との距離を近づけ、演奏行為をより身近なものにすることを目標にしています。

本プロジェクトでは、2つの楽器の制作を行いました。

一つは、服にタッチする行為を用いた楽器と、服の伸縮を演奏に反映させる楽器の2つです。

Kanebako Junichi & Lisako Ishigami  (moil)

http://www.kanejun.com

2017.3

 

2017.09.28